あおもりの食

海の幸、山の幸、素材から料理、加工品などを紹介します。

干し餅

兼成の干し餅画像

食の作り手

兼成の干し餅

ここがポイント

通常の餅より、水気を多く入れて長時間乾燥させるため、食感がさくさくとして歯応えがよく、甘みがあり、夏場まで保存が効く。もち米から自家栽培で、安心安全が自慢。

おいしいわけは?

農作業の一服菓子として食べられてきた「干し餅」は、零下の外気を利用した天然のフリーズドライ食品。餅の水分を凍らせ乾燥させ る方法で、長期間の保存もできる。 「干し餅づくりのコツは水分量。普通の餅より水分を多くして餅を作ります。そうするとできあがりがサクサクになるんです。うちはもち米から自家栽培で、安心安全が自慢、干し餅を見たことない方にもぜひ食べてみて欲しいです。」

食の作り手インタビュー映像がご覧いただけます

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼開設アカウント一覧(詳細はソーシャルメディア・ポリシーをご覧ください。)


facebook

twitter

instagram

youtube

vine

cookpad


twitter

youtube

instagram

マスク